スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
いちごのシュトーレン
ナディハウスさんでいちごのシュトーレンの最終打ち合わせ。
実際にシュトーレン作りつつ、レシピを先生にお渡しすれば
長かったこのミッション(笑)も終了です(^^ゞ

02639

ちょこさんが買ってきてくれたジラフさんの美味しいパンや・・・

02638

ランちゃんが買ってきてくれたバウムクーヘンを頂きながら
思い出話に花が咲きました

02642

ことの始まりは11月。
私たちヲタ会のメンバーが先生から
いちごのシュトーレンを考えてほしいと言われたのが最初です。
話を聞いた直後はそんなに大変じゃないだろうと安易に考えていました。
イチゴは自然酵母の中でも香りが強く、酵母としても作りやすいので・・・

02637

ところが試作を作り始めたら、それはもうほんと大きな間違いだということに
気づかされました

バターに香りが負ける
そして焼き時間が長いので香りが飛んでしまう 

一番の大きな要因はその2点です。

イチゴを1パック使って酵母を起こしてストレートで使おうが
中にふんだんにドライイチゴを入れようが
作ったシュトーレンはイチゴの香りが弱々しく
普通のシュトーレンに。。。

02640

イチゴの色を出したい。香りも出したい。切った時目で見ても
楽しめるようにしたい・・
材料一つ一つから見直して、何度も何度も試作しました。

02641

なかなか思うようなシュトーレンが作れず
体調を崩したり、イチゴの香りがしなくなったり(^^ゞ
今となっては笑い話ですが、みんなかなり追い込まれてました

02643

そして今日、ようやくパンヲタとして納得できるいちごのシュトーレンを完成させ
先生にレシピをお渡しすることが出来ました

イチゴ酵母は水を一切使わず無水の状態で酵母を起こしています。
お砂糖はてんさいグラニュー糖を使用。
バターもお砂糖もかなり控えめな配合になっています。
具はドライストロベリーとマカダミアナッツ・くるみ・ジュエリーレーズンを
白ワインとストロベリーリキュールに漬けこみました。
粉糖にもストロベリーパウダーを入れ、ピンクの可愛いシュトーレンが完成しました!

春のこの時期にしか味わえない、イチゴづくしのシュトーレン
1個のシュトーレンにいったい何個のイチゴが入っているのか
考えるのも怖いくらいです(^^ゞ
そんな贅沢なシュトーレンをぜひぜひご賞味下さい

ご注文はコチラまで
セット販売になります♪

スポンサーサイト
[2014/02/22 21:05 ] | パンヲタの会 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ナディハウスのパン屋 「nadinadi」 | ホーム | ナディハウスさんのお引越し>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。